おまとめローンとは?

おまとめローンについてです。最近、おまとめローンという言葉をよく耳にすると思いますが、これはどういったものでしょうか?す。

おまとめローンというのは複数のローンを抱えている人が、そのローンを1箇所にまとめてしまうことで支払日の統一、金利の低減をはかる方法です。

複数の消費者金融などでローンをしている場合、支払日が違うとお金の管理が難しくなります。

しかし支払日が統一されれば、今いくら借りているのか、返さなくてはならない返済額はいくらなのかを管理しやすくなります。

さらに、おまとめローンは金利が低く設定されている場合がほとんどなので、現在の金利より低金利になって負担軽減される特徴があります。

このようにおまとめローンが人気になって増えた理由は、ローンが手軽になって複数のところからローンを組んでしまって返済が困難になった人が増えたので、それらの人の負担を軽くしてくれるからです。

また、おまとめローンはあくまでも複数の会社からローンをしたものをまとめて返済するもので、クレジットカードのキャッシング、消費者金融のようにお金を限度額までなら何度でも借入できるものとは異なります。

基本的に、返済のみで、追加の借入はできません。

おまとめローンには、東京スター銀行やみずほ銀行、オリックス銀行などの銀行系や、きのくに信用金庫、大分信用組合などの信金・信組・労金・信漁連系のもの、アイフルやアコムなどもおまとめローンを展開しています。

総量規制の概要と、おまとめローン

総量規制とは、個人の借り入れ総額が、原則として年収の3分の1までに制限される規制のことを言います。

この借り入れ総額に、住宅ローンや自動車ローンは含まれません。この借り入れ総額とはすべての貸金業者からの借り入れの総額であって、貸金業者1社につき3分の1ということではありません。

総量規制は、個人の支払能力を超えた融資により返済できなくなる事態、多重債務者の増加といった問題に対応するため、借り過ぎ、貸し過ぎを防ぐ目的で作られました。

しかし、総量規制に問題点がないわけではありません。

総量規制の問題点として、お金が必要なのにすでに年収の3分の1以上の借り入れがある人、多重債務者などが新たに借り入れができず、ヤミ金に手を出すといった事が挙げられます。総量規制の結果、ヤミ金に手を出す人が増えたのでは本末転倒です。

そういった多重債務者にまず勧められるのがおまとめローンです。

おまとめローンとは、金利の高い貸金業者からの借り入れを金利の低い貸金業者にまとめて、月々の支払いを少なくしようというものです。

しかし、必ずしも金利の低い貸金業者にまとまるというわけでもありません。当然、1社あたりの借入額が大きくなるので審査も厳しくなります。

おまとめローン申し込み時の基本的な審査の流れや内容について

おまとめローンの審査は、早い場合、数十分で終了します。

流れとしては、まず申込書と本人確認書類を提出します。その後、係員による聞き取り調査が行われ、審査が始まります。

信用情報機関への照会や、勤務先への在籍確認が行われ、問題無ければ、融資額の決定作業に入ります。これらを全て、来店不要WEB完結で済ます事のできる業者もあります。

審査の際は、家族構成、住居環境、勤務先、勤続年数、その他の借り入れは無いか、等の情報が必要になります。

基本的には自己申告による内容に沿って審査が行われますが、信用情報機関で照会を行っているので、嘘をついてもバレてしまいます。

また審査に落ちてしまった場合は、信用情報機関の履歴として残ります。申し込み履歴は、半年程度で抹消されますが、その間は他社の審査にも影響します。

なので審査に落ちた場合は理由を確認しましょう。なかなか明確な理由を教えてくれませんが、どうしても借金を完済したい事を説明すれば、少しは相談に応じてくれるかもしれません。

おまとめローンは金額が大きい分、審査も甘くはありません。特に銀行の場合、金利は安いのですが、審査もより厳しくなります。

おまとめローン申し込み時は極力、借り入れ金額を減らすように努力して、その他のローンも返済して臨みましょう。