消費者金融からの借金までして見栄を張ることはありません

40代団体職員です。

今の職場に就職して、今もその職場にいますが、最初に借り入れたのは27歳の時、当時の年収は270万円だったかと記憶しています。

当時、個人で引っ越しをしてすぐに結婚式が重なり、まったく手持ちの現金がなかったために、即日融資と言う言葉に釣られて消費者金融に電話をしました。

そこからの30万円の枠から、15万円借用し、完済していたのですが、どうにも浪費が収まらず、200万円の車(中古車)を買ったあたりから家計を圧迫し始めます。

当然ながら、車のローンの支払いが滞り、借金返済のための借金を繰り返し、最終的にサン優ファイナンス50万円、銀座堂30万、アコム50万円、プロミス50万円、アイフル50万円、ジャクソンファイナンス30万円、ディック50万円、日本プラム30万円と8社計320万円の借入となりました。

たかだか3年の間に年収を超える借金となってしまい返済も遅れがちになります、督促の電話にも、出ることに極端に怯えるようになりました。

最終的には「まわし」でつないでいましたが、あえなく消費者金融からも融資されなくなり、すがる思いで、職場のPCを使ってインターネットで情報を検索し、債務整理のところへ行きつきました。

途中、おまとめローンなども検討しましたが、消費者金融のおまとめでも、返済の遅延がなかったりすることが条件としてあったりと厳しく、あきらめました。

当時おまとめローンは、まだ数社しか行われておらず、選択肢はなかったのですが、最近はオリックスなど高額融資と低金利がウリのもあり、おまとめであれば勧めたいとこではあります。

結果、任意整理を行い、将来利息なしの過払い分を差し引いて270万円で債務確定しました。若干返済期間が長く5年で完済いたしました。

返済期間中、特に債務確定するまでの2か月の間に、消費者金融からの取り立てがストップしたので、その間きっちり原資を作って後の返済に備えました。当然、浪費にあたるような項目の洗い出しをし無駄なものをカットして生活の立て直しをしました。

最後に、借金の問題は個人で抱え込んで何もしないことが余計に債務を増やすことになります。

相談するとなれば、お金の無心を前提としないで、いかに今持っている債務の額を減らして安定した生活を送れるか・・を優先事項として借金返済に充てていただきたいです。